元彼、元カノをいつまでも忘れられないあなたへ

元彼、元カノをいつまでも忘れられないあなたへ

忘れられない人がいるあなた。私もそうなんです。大昔の恋愛を引きずっています。

いつまでも忘れられない人

忘れられない恋愛はこちら

それは一通の手紙からだった。
ある日の夕方、我が家に届けられた一通の手紙。

差出人は同じクラブの後輩の女性。
私の高校2年生の冬の始まりと共に、私は気の遠くなるほどの長い恋を歩み始めた。

彼女は一年年下の高校一年生。
同じ陸上部の後輩だった。

そこには、いつも見つめてしまってすいませんという謝罪。
そして私のことが好きだという告白。

その手紙には切手がはっていなかった。
彼女は私の家のポストに直接手紙を入れにきたのだ。

母親が怪訝そうに「これ切手ないね」と不思議そうな顔をしながら私に手渡したのが記憶に残っている。


まさか当時はこの日からとてつもなく長い恋が始るとは思ってもいなかった。

Love letter

あの日はもうずいぶんと昔。

もう30年以上昔になってしまった。

しかし、私はほとんど毎日彼女をのことを考えている。
情けないことに毎日、毎晩。

私の邂逅を元につづっていこうと思う。
私と同じような思いをずっと抱き続けている人はいるはず。

これを読んでいるあなたにも忘れられない人はいませんか?

もっと恋愛話読みますか?

にほんブログ村